fc2ブログ

キャリブレーション

FIAT 500 やPANDA のディアロジックトランスミッションは
オートマッチックの体をなしていますが トランスミッション本体は
マニュアルトランスミッションなんですね。
このマニュアルトランスミッションに通称 ロボットと呼ばれています
ディアロジックユニットを搭載し 2ペダル化されたユニットです。

なので 走行距離を増してきますとクラッチが消耗してきます。
消耗する、いわゆるクラッチプレートが減るとクラッチミートの
ポジションがずれてきます。
ズレてくると発進時や変速時にギクシャク感が発生します。
よく言うジャダという現象が発生します。

通常のマニュアルトランスミッションのクラッチであれば
ドライバー自身がクラッチミートを調整するのですが
ディアロジックの場合は 診断機によって軟正してあげなければなりません。
それがいわゆるキャリブレーションという作業になります。
ディアロジックオイルやギアオイルのメンテナンスと併せて
実施されると良いですね。

体感できるほど良くなる場合が多いですね。
よろしければご相談くださいませ。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

tohiya0751

Author:tohiya0751
「出会いと自動車趣味を楽しむ」 ピッコロイタリアンを中心のショップです。
ガレージアクティヴWEBサイトもご覧ください
人気ブログランキングへ
↑↑ワンクリックお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード